金蘭千里高等学校セミナー

2019年8月24日 金蘭千里高校にて高校生セミナーを開催しました。



大阪の金蘭千里高校で、病理診断体験セミナーを開催しました。
大阪大学病理学講座教授の森井英一先生が冒頭の講義でわかりやすく
病理診断のプロセスや意義を説明してくださり、その後、体験実習 
に移りました。



実習では、実際に大腸腫瘍の診断を体験する前に、葉物野菜10種類を
診断するワークを行います。形態を見る病理診断のプロセスに近く、
このウォーミングアップによって、大腸腫瘍を診断するハードルを
少しでも下げてもらうねらいです。葉物野菜診断は、ティーチング・
アシスタントの若手病理医も実際に参加。かなり奥深いワークである
という感想を抱いている様子でした。野菜の全体の形態から観察し、
細部の特徴を確認しながら「確定診断」野菜の全体の形態からにいたる
プロセスは、実際の病理診断にかなり近いものを感じたようです。



大腸腫瘍診断は、最低限の病理学講義を行ったうえで挑戦してもらい
ましたが、葉物野菜の要領で比較的スムーズに実習できていたようです。
今年で3回目の金蘭千里高校でのセミナー。来年も開催予定です!


他のセミナーを見る


トップページへ戻る
Copyright © 2014-2019 PathCare All rights reserved.